サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)

Macのアドレスブックにエクセルで作った住所録を読み込む方法はありませんか?
エクセルで作った住所録を「タブ区切りテキスト」か「CSV(コンマ区切り)」形式で新規保存すれば、アドレスブックで読み込むことができます。住所録をデータベースで作っていても、テキスト形式で書き出せるものが多いのでアドレスブックに読み込むことが可能でしょう。読み込んだ際に文字化けするときは、「日本語(Mac OS)」か「Shift JIS」の形式で保存し直します。また、事前にアドレスブックの項目数に合うよう、住所録の内容をエクセルもしくはテキストファイル上で整えておくと効率よく作業できます。
ラベルの入ったテキストファイルの場合、アドレスブックはラベルを参照してカードのひな形と対応させます。例えばタブ区切りテキストの場合、最初の1行目をラベルと認識し、「姓」というラベルがあれば、カードのひな形内の「姓」と関連づけるというものです。しかし、ラベルをカードのひな形と同じ名前にしてもすべては一致しないので、関連づけの変更が必要となります。ラベルの名前を任意につけたテキストファイル(タブ区切りテキスト)を、実際にアドレスブックに読み込んでみます。


  1. アドレスブックを起動して「ファイル」→「読み込む」→「テキストファイル」を選び、テキスト形式で保存したエクセルの住所録を開きます。一致しているラベルもあるのですが、ひな形名と同じでも一致していないものも散在しています。
    ※ラベルの入っていないテキストファイルで作業するときは、「最初のカードを無視」を解除します。

  2. 変更したい項目が他に関連づけされていると選択できないため、はじめは関連づけの誤ったものを修正します。アドレスブックのラベル(この場合は「姓の読み」)をクリックして、ポップアップメニューから関連づける項目を選び、すべての関連づけを終わらせます。
    ※自分のアドレスブックと同じにしたいので、テキストファイルでは「以降の住所」と「番地」をタブで区切らず、「マンション名」を加えています。




  3. ダイアログ下にある右向きの三角形のボタンをクリックして内容を確認します。関連づけは今回読み込むデータすべてに適用されます。ある人だけ関連づけを変えたいときは、読み込んでから個別に編集します。よければ「OK」をクリックして住所録を読み込みます。

  4. 重複したデータがあると警告が出るので、アップデートするか無視するかなど、目的の処理を行います。重複したデータが複数ある場合は、「読み込む」が「次へ」となります。クリックしてすべてのデータを確認し、最後に「読み込む」をクリックします。

  FAQの印刷 FAQの投稿

メインメニュー
大橋デザイン室