サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > 仮想専用サーバ構築 > CentOS4 > ユーザーアカウントを作成する
ユーザーアカウントを作成する
投稿者: Master 掲載日: 2007-8-11 (2556 回閲覧)
乗り換えですから、設定を1からやり直さなくてはなりません。前のサーバーを構築したときと同じくユーザーアカウントの作成から始めます。SSHでログインできるユーザと、メールとFTPしか使わないユーザーを分けて作成します。

● SSHでログインできるユーザーアカウントの作成
# useradd webmaster
#  passwd webmaster
New UNIX password:     ← パスワードを設定(入力しても表示されない)
Retype new UNIX password: ←  同じパスワードを再入力
passwd: all authentication tokens updated successfully.
Changing password for user webmaster.


● SSHでログインできないユーザーアカウントの作成
すべてのアカウントがSSHでログインできてしまうのはキュリティ上好ましくありません。メールとFTPしか使わないユーザーは、useraddコマンドに-sオプションをつけ、シェルを/sbin/nologinに設定して作成します。
# useradd -s  /sbin/nologin hanako
#  passwd hanako
New UNIX password:     ← パスワードを設定(入力しても表示されない)
Retype new UNIX password: ←  同じパスワードを再入力
passwd: all authentication tokens updated successfully.
Changing password for user hanako.


● アカウントの削除
アカウントを削除するときは、userdelコマンドを使います。
#  userdel taro

ホームディレクトリも同時に削除する場合はを-rオプションを指定します。
#  userdel -r taro


● アカウント名の変更
例えば、taroというアカウント名をhanakoに変更したい場合は次のようにします。ただし、ホームディレクトリやプライマリグループは元のままです。
# usermod -l hanako taro


● ホームディレクトリの変更
例えば、taroユーザーのホームディレクトリを/home/hanakoに変更したい場合は、次のようにすれば/home/hanakoディレクトリが新規に作成されます。
# usermod -d /home/hanako taro


元のホームディレクトリの内容をそのまま移動したい場合は、-mオプションも指定します。
# usermod -d /home/hanako -m taro
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

良く読まれた記事 rootで直接ログインできないようにする ホスト名の設定 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室