サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > 仮想専用サーバ構築 > FedoraCore3 > SSHでリモートホストに接続してみる
SSHでリモートホストに接続してみる
投稿者: Master 掲載日: 2005-11-26 (2483 回閲覧)
SSH(Secure Shell)使うとネットワーク上を流れるデータは暗号化されるため、リモートアクセスによる操作を安全に行えます。 今回利用している仮想専用サーバの文字コードはUTF-8に設定されているため、UTF-8に対応したSSH用のクライアントが必要となりますが、Macを使っているのでOS Xに付属している「ターミナル」を使います。「アプリケーションフォルダ→ユーティリティフォルダ→ターミナル」。

ターミナルの文字コードのデフォルトはUTF-8なので、そのままSSH2で接続します。接続方式にはSSH1もありますが、SSH2は暗号化がより強固になっています。また、この時点ではドメイン名の設定が行われてないので、IPアドレスでアクセスします。移転先のサーバのIPアドレスを仮に123.456.789.10とします。
Last login: Fri Nov 18 18:11:51 on ttyp1
Welcome to Darwin!
[Macintosh:~] Taro% ssh root@123.456.789.10

はじめてSSH接続したときは、サーバから送信されたホスト公開鍵を保存するかどうか問い合わされます。yesと入力してサーバのホスト公開鍵を保存してパスワードを入力します。
The authenticity of host '123.456.789.10 (123.456.789.10)' can't be established.
RSA key fingerprint is cf:f6:5:8b95:2a:61:90:11b:3a:8d:9:8d2c:3b9:8d:5.
Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes ← yesと入力 
root@123.456.789.10's password:**** ← rootのパスワードを入力(表示されない)
[root@e-class ~]# ← ログインできた

ログアウトするときはexitコマンドを使います。
[root@e-class ~]# exit
Connection to 123.456.789.10 closed. ← サーバとの接続が切れた
[Macintosh:~] Taro% 

※コマンドを入力し終えたらreturnキーを押して実行します。

※sshのあとにオプション「-1」を付けるとSSH1で接続、オプションを指定しなければSSH2での接続となります。

※仮想専用サーバの文字コードはあとで「日本語EUC」に変更する予定です。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

良く読まれた記事 ユーザアカウントの作成 Webサイトを移転する 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室