サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > XOOPS格闘記 > X2 > MAMPでXOOPSのテストサーバを構築
MAMPでXOOPSのテストサーバを構築
投稿者: Master 掲載日: 2005-12-12 (3475 回閲覧)
移転先サーバでMySQLサーバを構築する前に、MacにXOOPSのテスト環境を作ります。これまでテスト用サーバに使っていたPCが、最近はレンダリングで忙しくしているためです。Mac OS Xは標準でApacheが搭載されているのだから、Macで何とかならないものかとググってみたら、ありました。LAMPならぬMAMP!しかもphpMyAdminも付いている!! ステキです。そこで、普段使っているMacにXOOPSのテスト環境を構築することにしました。移設作業を行う前に、まずMAMPをインストールしておきます。

※LAMP=Linux+Apache+MySQL+PHPによるWebシステムの構築技術をあらわす言葉。

● MAMPのインストール
living-eからMAMPをダウンロードして解凍し、アプリケーションフォルダに入れるだけでインストールは完了です。起動はMAMPフォルダ内のMAMPのアイコンをダブルクリックするだけです。


● MAMPのMySQLサーバーにXOOPS用データベースを作成する
起動するとWebブラウザにスタートページが表示されます。メニューバーの『phpMyAdmin』をクリックし、画面で『Language」を『Japanese(ja-euc)』に変更します。続いて『新しいDBを作成します。』の欄にデータベース名を入力して『作成』ボタンをクリックします。


メニューバーの『phpMyAdmin』をクリックして、いったんphpMyAdminのトップ画面に戻ります。『特権』をクリックして、次の画面で『ユーザーの追加』をクリックすると以下のような画面になります。ここですべての特権を持った、現行サイトと同じデータベースユーザーを追加します。『ユーザー名』には現行サイトと同じデータベースユーザ名、『パスワード』には現行サイトと同じデータベースパスワードを入力し、あとは以下のように設定して『実行』ボタンをクリックします。


※現行サイトのデータベース名が、仮に「example_xoops」、データベースユーザ名を「example_xoops」として設定しています。

※2007.12.8追記:MAMPのダウンロードURLを変更。「living-e」から最新版がダウンロードできます。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

良く読まれた記事 MAMPにXOOPSをインストール イメージマネージャの“不都合”を修正 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室