サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > フィルタマニア > エッジのモザイク処理
エッジのモザイク処理
投稿者: Nut 掲載日: 2007-12-3 (4565 回閲覧)
写真のフチをぼかす加工ってのを最近よくやらされます。角版で使うと唐突で浮いてしまうってな場合。ただぼかすんじゃつまらないので、エッジの処理を変えてみたのがこの作例なんですが、クイックマスクにフィルタをかけるところがミソ。って言うか、フツーこう作る。


【手順】
  1. ツールボックスの「描画色と背景色を初期設定に戻す」をクリック(「描画色=黒,背景色=白」)。

  2. Ctrl+Aで画像全体を選択し、Shift+Ctrl+Jで選択画像を新規レイヤーにカット&コピーする。この時点で「レイヤー1」に画像、「背景」レイヤーは白地になり、アクティブレイヤーは「レイヤー1」となる。※1

  3. 長方形選択ツールで画像の使用する部分を囲む。選択範囲の境界を中心に内外にぼけ足ができることを考慮して領域を決定する。

  4. Altキーを押したまま、ツールボックスの「クイックマスクモードで編集」をクリック。選択範囲が着色表示になる。※2

  5. 「ぼかし→ぼかし(ガウス)」フィルタを「半径=30pixel」で適用し、「ピクセレート→モザイク」フィルタを「ピクセルの大きさ:25平方ピクセル」で適用する。※3

  6. ツールボックスの「画像描画モードで編集」をクリックし、レイヤーパレットの「クイックマスクを追加」をクリック。この時点で選択範囲外がマスクされ白で表示される。

  7. レイヤーパレットの「レイヤーマスクのレイヤーへのリンク」をクリックしてマスクと画像のリンクを解除。

  8. レイヤーマスクをクリックしてアクティブにする。

  9. 移動ツールで画像をドラッグするとマスクが移動するので、表示位置を微調整して完成させる。

※1:小技です〜(^_^)v
※2:デフォルトではマスク範囲が着色表示されるので、着色表示を選択範囲に反転させるためにAlt+クリックしています。選択範囲を着色表示するよう設定している場合はAltキーを押す必要はありません。現在の状態を確認するには、「クイックマスクモードで編集」をダブルクリックします。
※3:使用画像の大きさや選択領域の大きさによって、フィルタの適用値を調整してください。ここに掲載したぐらいのWeb用の小さい画像であれば、「ピクセレート→ぶれ」フィルタを数回適用すれば簡単です(Ctrlキーを押したままFキーを数回押す)。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

εźեե 掲載日 ヒット
ファイルをダウンロード MosaicEdge
手順をアクションに記録しました。元画像と一緒にダウンロードできます。PhotoshopCS3で作りましたが、アクションが搭載されているバージョンすべてで再生可能かと思います。ただし、英語版で使えるかは試していません。
2007-12-3 973

良く読まれた記事 東京タワーをライトアップ 渦巻く炎 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室