サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > Mac OSX > MacOS X Tigerをインストール
MacOS X Tigerをインストール
投稿者: Master 掲載日: 2005-5-31 (2812 回閲覧)
昨日MacOS X Tiger(10.4)をインストールしました。朝の10時ごろから始めて、お昼になっても終わらない。そして、おやつが欲しくなるころ、ようやく使えるようになりました。普通は1時間もあれば済むのでしょうが、インストールDVDから起動できなかったのです。インストーラをダブルクリックして、再起動するとDVDが排出されてしまうのです。再起動してCキーを押したままにしてもDVDから起動せず、DVDをマウントして起動ディスクに設定しても駄目。さらにPRAMクリアしても駄目でした。インストールガイドを見てみると、ファームウェアアップデートが必要な場合があるとの記述がありました。しかし、 SuperDriveのファームウェアアップデートはだいぶ前に行いました。でも試しにやってみようと、ソフトウェアアップデート。去年の6月ごろからのセキュリティアップデートがごっそりありました。OSのマイナーアップデートするとディスクがマウントできなくなることがあり、別のアカウントでログインしてマウントするといった面倒なことになるものですから、自動更新をやめていたのです。さて今度は大丈夫かとやってみましたが、やはり駄目。

困ってしまってアップルのサイト内を調べても該当する内容の解決策はみあたらず、ググってみてもリリースされて日が浅いせいか数も少なく解決策はありません。さてどうしたものか、あとは・・・OS 9で起動して起動ディスクを切り替える、か。望み薄ではありますが、やってみたらインストーラが起動しました!

30分ほどしてインストールは無事終了し、再起動したら、また起動しない。実はハードディスクはパーティションを切っており、HD1とHD2としています。HD1は普段使うOS X、HD2はOS 9と予備のOS Xを入れています。今使用しているアプリケーションが使えなると困るので、HD2の方にインストールしたのですが、HD1の方で起動してしまうのです。HD2を起動ディスクに設定しても、OS 9で起動ディスクを切り替えてもHD1の方で起動します。OS10.4はOS 9と共存できないとは書いてない。こうなったらヤケなんで、HD1の方に入れてしまうことにしました。バックアップを取り、いざインストール。でもやはりダメ・・・面倒な。ソフトウェアアップデートした後OS 9で起動ディスクをインストールディスクに設定し、ようやくインストール終了です!
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

良く読まれた記事 Remote Desktop Connectionをインストール
メインメニュー
大橋デザイン室