サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > 仮想専用サーバ構築 > CentOS4 > Logwatchのインストール
Logwatchのインストール
投稿者: Master 掲載日: 2007-8-13 (6182 回閲覧)
サーバーを起動して2日経ちました。しかしLogwatchからメールが届きません。Logwatchはサーバー内のログを解析して、結果を見やすい状態に加工してくれる便利なツールです。毎日夜間に実行し、レポートをメールで配信してくれるのですが、どうしたのでしょうか?
確認してみたらインストールされていませんでした。そこでインストールするのですが、yumでインストールすると恐らくバージョンの古いものがインストールされます。どうせなら、最新の安定版をインストールすることにしました。

● Logwatchを確認
[root@example ~]#  rpm -qa|grep logwatch ← インストール済みか確認
[root@example ~]# ← インストールされてない


● Logwatchのインストール
もし、古いバージョンがインストールされていた場合は、必ずアンインストールしてから最新版を入れます。
[root@example ~]# rpm -e logwatch  ← 古いバージョンをアンインストール

logwatch.orgから最新の安定版をダウンロード
[root@example ~]# wget ftp://ftp.kaybee.org/pub/redhat/RPMS/noarch/logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm
--13:46:28--  ftp://ftp.kaybee.org/pub/redhat/RPMS/noarch/logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm
           => `logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm'
ftp.kaybee.org をDNSに問いあわせています... 72.201.161.241
ftp.kaybee.org|72.201.161.241|:21 に接続しています... 接続しました。
anonymous としてログインしています... ログインしました!
==> SYST ... 完了しました。    ==> PWD ... 完了しました。
==> TYPE I ... 完了しました。  ==> CWD /pub/redhat/RPMS/noarch ... 完了しました。
==> PASV ... 完了しました。    ==> RETR logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm ... 完了しました。
長さ: 328,998 (321K) (確証はありません)

100%[============================================>] 328,998       68.25K/s    ETA 00:00

13:46:35 (65.68 KB/s) - `logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm' を保存しました [328998]

[code][root@example ~]# rpm -ihv --nosignature logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm
Preparing...                ################################# [100%]
   1:logwatch               ################################# [100%]


--nosignatureオプションを付けずに実行すると、RedHat社製のRPMファイル以外では以下のような警告が表示されます。しかし、これはパッケージに署名がないということで、インストール自体が失敗した訳ではありません。
警告: logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm: V3 DSA signature: NOKEY, key ID ab75cc45


-Kオプションも使い、ダウンロードしたパッケージに破損がないか調べることもできます。
[root@example ~]# rpm -K --nosignature logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm
logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm: sha1 md5 OK


インストールが済んだら、ダウンロードしたパッケージを削除します。
[root@example ~]# rm -f logwatch-7.3.6-1.noarch.rpm


rpmでインストールすると、Logwatchの実行スクリプトが/etc/cron.dailyに作成されます。以下のようにして確認すると、シンボリックリンクを使って登録されているのがわかります。
[root@example ~]#  ll /etc/cron.daily/*logwatch
lrwxrwxrwx  1 root root 39  8月  13 14:32 /etc/cron.daily/0logwatch -> /usr/share/logwatch/scripts/logwatch.pl


● 環境ファイルの編集
/usr/share/logwatch/default.conf/logwatch.confは、デフォルトのまま何も編集しなくてもレポートメールは送られてきました。しかし、ググってみると、以下のように編集が必要という記述が多くありました。logwatch.confを開いてみると、「Mailer」を除いてそのように設定されていたので、何も編集しませんでした。「Mailer」もレポートメールが送られてくるので変更しましていません。
LogDir = /var/log ← ログが保存されるディレクトリを指定
MailtTo = root ← メールの送信先をローカルのrootユーザーに指定
Print = No ← Noはメール送信、Yesの場合は画面に表示
Range = yesterday ← 昨日のログファイルをチェックする
Detail = Low ← レポートの詳細度を指定
Service = All ← /usr/share/logwatch/scripts/services/にある全ての内容で情報を取得
Mailer = /bin/mail ← メーラーのパスを指定
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

良く読まれた記事 ターミナルの表示を日本語にする Webalizerの設定 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室