サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > Mac OSX > Remote Desktop Connectionをインストール
Remote Desktop Connectionをインストール
投稿者: Master 掲載日: 2008-3-14 (8184 回閲覧)
友人がパソコンを再び始めたのですが、素人故にいろいろと聞いてきます。PCを起動してどう機能するか確認し、どこをどういじるか教えてあげます。しかし問題が。普段はPCの20インチモニタをMacBookProにつないで使っているのです。簡単なことならすぐに解決しますが、込み入った内容だとPCを起動しないとわかりません。モニタをPCにつなぎ直して起動し、使い方を確認してから教えてあげることになります。そして、終わったらモニタをMacBookProにつなぎ直すのです。こんな大仕事をやってられん。ということで、Remote Desktop Connectionをインストールして、MacにWindowsのデスクトップをマウントしてしまおうということに。

たしかOS X 10.1か10.2の頃にインストールしたことがあります。どこで配布していたか覚えてないのでググってみたらmactopiaにありました。Intel CPUなのでバージョン 2.0(ベータ2)をダウンロードし、Webサイトの解説どおりにインストールして起動します。

  1. PCのネットワークアドレスを入力して「Connect」をクリックします。


  2. ログオン画面でユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。



    ※Windowsをパスワードで管理していないとログインできません。パスワードを設定してない場合は、先にWindowでパスワードを設定してからRemote Desktop Connectionでログオンします。Windowでパスワードを設定する手順は次の通り。「スタート」→「コントロールパネル」、「ユーザーアカウント」とクリック。そして変更するアカウントをクリックして「パスワードを変更する」で設定。

  3. Windowsのデスクトップがマウントされました。デスクトップピクチャの表示やテーマの変更は、「RDC」メニューの「Preferences」で設定します。



● コマンドプロンプトでシャットダウン
Windowsのデスクトップが無事マウントされて喜んでいたところ、「スタート」メニューの「シャットダウン」が「切断」になっているのに気づきました。接続は切れるがPCのシャットダウンができないので、「コマンドプロンプト」を使って終了しています。






● Windowsの自動ログイン設定
何せモニタがありません。起動時のパスワード入力が厄介ないので、自動ログオンできるよう設定しました。

  1. 「スタート] ボタンをクリックして「ファイル名を指定して実行」をクリックします。


  2. 「control userpasswords2」と入力して「OK」をクリックします。


  3. 「ユーザー」タブを表示します。「ユーザーがこのコンピュータを使うには、ユーザー名とパスワードの入力が必要」のチェックを解除して「OK」をクリックします。


  4. 「ユーザー名」に自動ログオンするユーザー名を入力し、パスワードを入力して「OK」をクリックします。



やれやれ何とか使えるようになりました。しかし、Macのキーボードなので記号入力が面倒なうえ、¥はおろかバックスラッシュも打てません。さらに、β版だからかどうかわかりませんが、ひらがな入力モードでで英字が入力され、英字入力モードでひらがなが入力されてしまいます。
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

MacOS X Tigerをインストール 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室