サイトマップ | お問い合わせ  | ID  PASS 

SmartSection is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of INBOX Solutions (http://inboxinternational.com)
ۡ롼 > 裏番町通信 > 仮想専用サーバ構築 > CentOS4 > ユーザーディレクトリをWebで公開する
ユーザーディレクトリをWebで公開する
投稿者: Master 掲載日: 2009-3-3 (2610 回閲覧)
みんなでホームページを作って公開できらたいいなという話になったので、http://ホスト名/~ユーザーでWebページが公開できるようにします。

● Apacheの設定
[root@example ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf ← 環境ファイルを開く
    :
    :
<IfModule mod_userdir.c>
    :
#UserDir disable ← 行頭に#を追加
    :
UserDir public_html ← 行頭の#を消去
</IfModule>
    :
    :
<Directory /home/*/public_html>
#    AllowOverride FileInfo AuthConfig Limit
#    Options MultiViews Indexes SymLinksIfOwnerMatch IncludesNoExec ExecCGI
#    <Limit GET POST OPTIONS>
#        Order allow,deny
#        Allow from all
#    </Limit>
#    <LimitExcept GET POST OPTIONS>
#        Order deny,allow
#        Deny from all
#    </LimitExcept>
↓以下を書き加えて保存する(:wq)
AllowOverride None ← 外部ファイルによる設定を行わせない
Options SymLinksIfOwnerMatch ← アカウントが一致した場合のみシンボリックリンクを許可
Order allow,deny 
Allow from all ← すべてのHTTPアクセスを許可
</Directory>

上記の設定は一例です。CGI/SSIの使用や.htaccessによるアクセス制御など、サーバーに負荷のかかることは許可しないようにしています。また、index.htmlが無くてもディレクトリ構造は表示せず、同じ内容のコンテンツを異なる言語で作る人も居ないだろうし、コンテンツすべてを公開するなら<Limit>を使わなくても良いかな、ということです。

● 設定を有効にする
Apacheを再起動します。
[root@example ~]# service httpd reload
  この記事を PDF フォーマットで見る 記事を印刷する 記事をメールで送信

良く読まれた記事 ユーザー追加時にpublic_htmlを自動作成する Webサイトのエラー画面を自作する 次の記事
メインメニュー
大橋デザイン室